日付の差分を取得

日付の差分を秒で取得する。

import datetime
t1 = datetime.datetime.now()  #time1
(datetime.datetime.now() - t1).total_seconds()  #現在時刻 - time1を秒で

例:

>>> import datetime
>>> t1 = datetime.datetime.now() 
>>> (datetime.datetime.now() - t1).total_seconds() 
3

差分はtimedeltaオブジェクトとして取得できるので、total_secondsメソッドで差分の秒数を取得できる。

timedeltaオブジェクトのsecondsフィールドがあるが、これは差分を日数、秒数、マイクロ秒数、ミリ秒数、分、時間、週で分解した要素の一つとしての秒数なので、差分を病であわら市たものではないので注意。

8.1. datetime — 基本的な日付型および時間型 — Python 3.5.1 ドキュメント

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)