外部コマンドの実行

外部コマンドを実行するにはsubprocessモジュールを使用する。

subprocess.callで実行できるが、python3ではsubprocess.runを使用することが推奨される。(callはまだ使えるが将来的には廃止の予定)

python3の場合 subprocess.run

たくさんのオプション引数を指定できるので詳細は公式ドキュメント参照。
subprocess.run

import subprocess
subprocess.run(["ls", "-l"])

python2の場合 subprocess.call

たくさんのオプション引数を指定できるので詳細は公式ドキュメント参照。
subprocess.call

import subprocess
subprocess.call(["ls", "-l"])

標準入力や、標準出力をキャプチャしたり、タイムアウトを設けたり、実行エラーをハンドリングしたりといったことが引数を指定することで可能になる。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)