シーケンス操作 list

シーケンスは、リスト、タプル、文字列などのスーパークラス。
どれも以下の操作が可能

インデクシング

インデックスを指定して1つの要素を取得

S = "spam"
>> S[0]
s

負の値を指定することで、後ろからのインデックスで指定

>> S[-1]   
m

スライシング

範囲を指定することで、部分的なリストを新たに生成して返す。
インデックスの1は含むが3は含まない。

>> S[1:3]
"pa"

インデックスの開始のみ指定し、終わりは最後まで

>> S[1:]
"pam"

インデックスの開始は省略すると0から。

>> S[:-1]
"spa"

シーケンスのコピーを新たに作る場合によく行う方法
コピーを生成したので、同値ではあるが、同一オブジェクト(is)ではない

>>> l = [1,2,3]
>>> l == l[:]
True
>>> l is l[:]
False
関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)