一時ファイル/一時ディレクトリの作成

一時ファイルの作成は、tempfileモジュールを使う。

tempfile.mkstempで一時ファイルが作成される。

この関数で作成した一時ファイルは作成したプログラムの責任で削除されなければならない。ファイルを閉じた時に自動削除されるようにするには。tempfile.TemporaryFileクラスを使用する。

>>> temp = tempfile.mkstemp()
>>> temp
(3, '/tmp/tmpIpf8wd')         # file_noとファイルパスのタプル

tempfile.mkdtempでは一時ディレクトリが作成できる。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)