ログ設定ファイル fileConfig logging

設定ファイルを利用することで、コード中にログ設定を書かなくて済む。

import logging
import logging.config

logging.config.fileConfig("log.conf")

logging.debug("debug message")
logging.info("info message")
logging.warn("warn message")
logging.error("error message")

log.conf
rootLoggerにStreamHandlerとRotatingFileHandlerの2つを設定し、
RotatingFileHanlderの方はwarn以上のみ出力する(エラーログ)

[loggers]
keys=root

[handlers]
keys=consoleHandler,errorHandler

[formatters]
keys=simpleFormatter

[logger_root]
level=DEBUG
handlers=consoleHandler,errorHandler

[handler_consoleHandler]
class=StreamHandler
level=DEBUG
formatter=simpleFormatter
args=(sys.stdout,)

[handler_errorHandler]
class=handlers.RotatingFileHandler
level=WARN
formatter=simpleFormatter
args=("error.log", 'a', 200*1024, 3)

[formatter_simpleFormatter]
format=%(asctime)s - %(name)s %(levelname)-7s %(message)s

設定ファイルの記述方法は、こちらを参照。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)