pythonのバリデーションライブラリ FormEncode

FormEncodeはHTMLフォームからの送信を検証したり、HTMLフォームを生成したりする高機能なライブラリなのですが、最近ではあまりHTMLフォームを使わず、JSONデータのやりとりということも多いので、HTMLフォームは使わないことも多いと思います。入力チェックのバリデーション機能に関しては長い間メンテされていただけあって信頼に足ると思います。ここでは、バリデーション関数の使い方を紹介します。

インストール

$ pip install FormEncode

validators

たくさんのvalidatorがあります。ここでは整数をチェックするInt。

>>> from formencode import validators
>>> v = validators.Int()
>>> v.to_python("1")   # 1
>>> v.to_python("one") # Invalid: 整数を入力してください
>>> v2 = validators.Int(min=10, max=15)
>>> v2.to_python("5") #  Invalid: Please enter a number that is 10 or greater

似たようなValidatorがたくさんある。
http://www.formencode.org/en/latest/modules/validators.html

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)