システム時間 エポック秒 UNIX時間 をミリ秒で取得 javaのSystem.currentTimeMillisのように

現在時間をJavaのSystem.currentTimeMillis()と同様に取得する方法。

Pythonはミリ秒ではなく浮動小数点ので返すのでミリ秒を得たい場合は1000倍する。

>>> import time
>>> int(time.time() * 1000)
1331006361272

逆にJavaのnew Date(millisec)のようにDatetime型に戻すのは、

>>> import datetime
>>> datetime.datetime.fromtimestamp(millisec/1000)
datetime.datetime(2012, 3, 3, 22, 0, 57)

特定のdatetimeオブジェクトからエポック秒 (unix時間)を取得する方法

>>> impot time
>>> int(time.mktime(datetimeobj.timetuple()))

2014/01/10追記:
エポックミリ秒 (unix時間msec)を取得するには、秒の桁までのものと microsecondで得られた結果を加算します。

>>> impot time
>>> int(time.mktime(datetimeobj.timetuple()) * 1000
     + datetimeobj.microsecond / 1000)
関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)